オーラカラーを自分で知る一番簡単な方法-守護石の選び方

スポンサーリンク
オーラカラー守護石 宝石が心に与える効果

 
オーラカラーという言葉が、爆発的に広がったのが、15年ほど前。

「オーラの泉」という人気の番組があった。

あれをみて、自分のオーラカラーは、何色だろうと思った方も多かったのではないだろうか。

昨今、オーラ鑑定を生業にしている方がたくさんいる。

女性は古今東西占いが好きだ。

人生に迷ったとき、心を揺さぶる出来事が起こったとき、人は自分の未来を知りたくなる。

明るい未来を信じたくなる。

前へと進むために占いの力を借りるのだ。

 

 

宝石屋にはイベントというものがある。

売り上げを作るため、すなわち顧客を楽しませるための催事だ。

その中で、オーラ鑑定師を呼んで、その人のオーラカラーの宝石をおすすめするという、おもしろい企画があった。

一人20分程度の鑑定だったが、予約は満員となり、若い女性からご婦人までが喜び、感激して宝石を買っていった。

自分のオーラカラーを身に付けると、本来その人が持っている能力を発揮できるといわれれば、購買意欲も増すだろう。

以来そのイベントは恒例となる。

さて、その鑑定方法はアメリカからきたという機械を使ってその人のオーラを見るものや、鑑定士本人が見るものと様々だったが

鑑定結果に共通する点があった。

 
オーラカラーは「その人の好きな色」だったのだ。
 

これは、「自分が本来持つものはオーラカラーにしろ、守護石にしろ本人が知っている」

ということを証明しているようなものである。
 

【中古】 希少 Pt900 ブラジル産パライバトルマリン ダイヤモンド リング 1.66ct D1.04ct NJM 【ジュエリーNJ】 送料サービス 【楽ギフ_包装】

 

自分の守護石は、自分の魂に聞いて選ぶべきである。

パワーストーンは直感で選んだほうが良い。

どの宝石が良きサポーターになってくれるのか。

自分の直感を信じよう。

直感とは好きかどうか、強く魅かれるかどうかである。
 

ピンクサファイア 3.82ct ダイヤモンド 1.689ct マーキスカット アシンメトリー リング 15号 PT900/K18YG プラチナ イエローゴールド【中古】【ジュエリー】RZP.T

 

人は元々、地球上に生きる植物や動物、そして鉱物(宝石)と同じように、テレパシー能力を備えている。

テレパシーとは生物に内在された英知の声を聞く受信装置のようなもの。

先の「好きな色」や霊感的ないわゆる「虫の知らせ」なんかもそれだ。

野生の動物を思い出して欲しい。

彼らは誰に教わるわけでもないのに、毒となる植物や動物を食べることはない。

これは自然の法則の中でテレパシーを受け取り、生きているからだ。

現代人は自分たちが作り出した便利で粗悪な現代社会によって、そのテレパシー能力を退化させつつあるが、

偏見のない素直な目で宝石を見れば、あなたに必要な宝石はその美しさであなたに語りかけてくる。

それが、本来の「宝石の魅力」というものである。

さて、あなたの好きな色は何色だろう。

 


【大幅値下げ】美しい宝石 極上の無処理ノンオイルエメラルドリング ダイヤモンドリング Pt950 プラチナ エメラルドカット NOOIL Emerald 12号【ロイヤルブルー】【送料無料】

 

癒しの森林の色 、緑

 


pt900 ペアシェイプ ロイヤルブルー サファイア ダイヤモンド リング【鑑別書付】送料無料 刻印無料 品質保証書 代引手数料無料 稀少 ブルー サファイア プラチナ サファイアリング ペアシェイプ 露 雫 指輪 誕生石 9月 レディース ゴージャス

冷静さを表す青
   
 

それとも、
 


【スーパーSALE10%オフ!】ミャンマー産(ビルマ産)ルビー ピジョンブラッド Pigeon Blood 6.28ct ダイヤモンド 2.56ct リング 16号 K18WG/YG ホワイトゴールド イエローゴールド<AIGS鑑別書>【中古】【ジュエリー】RZB.N

 

情熱の赤

 

【スーパーSALE20%オフ!】ピンクトルマリン 0.71ct ダイヤモンド 0.53ct ペアシェイプ ティアドロップ ネックレス PT850/900 プラチナ【ジュエリー】【中古】MJJE

 

癒しのピンク

 

 

好きな色

それがあなたのオーラカラーだ。
 

朝も昼も夜も、休むことなく働いているあなたの潜在意識は、あなたをより良い方向へ導くために、色々な形で語りかけている。

あるときはインスピレーション

友達のなにげない一言

手にした本の一節

流れてくる歌の歌詞

映画のワンシーン

「好き」という気持ちもそうだ。

ご自身が感じる「好き」を大切にしてほしい。

あなたが求める幸せがその先にある。

「好き」の先にあるのだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました