真珠の知識と選び方

偽物フェイクパールの見分け方:本物の証拠をその身に残す本真珠

投稿日:
真珠,本物と偽物の見分け方

 

 現在の模造品の技術は本物そっくりに作り出す。

 だが、見る人が見れば分かる。

 

  

本物か偽物かの見分け方

 

 

珠どうしをこすり合わせてみよう

 

貝が真珠を生み出す生命活動は、本物であるという証拠をその身に残している。

炭酸カルシウムの結晶だ。
 

 

炭酸カルシウムの結晶がアラゴナイトという、タイルを並べたような結晶構造をとって集合し、それが積み重なって真珠層となる。

タイルを接着するモルタルの役目は、たんぱく質シート(コンキオリン)。

だから真珠の表面は滑らかだが、実は人間の手の指紋のようになっている。
(100倍くらい拡大するとそう見える)

真珠の珠どうしをこすり合わせるとひっかかりを感じるだろう。

模造品にはそこまでできない。

合成真珠箔という塗料で干渉(真珠のてり)を起こしてはいるが、素はプラスチックである。こすり合わせると、つるっとすべる。

 

穴を見よう

 


 

真珠のネックレスを作る珠には、糸を通す穴があいている。

本物の穴は小さく綺麗にあいているが、模造品のそれは、だれている。
  (左が本真珠、右がPパール)

模造品は表面が剥げれば中のプラスチックが顔を出す。

本真珠は前述したとおり、何百、何千という炭酸カルシウムの結晶が積み重なって出来ている。

薄い膜が幾重にも積み重なっているのだ。

真珠特有の神秘的な輝き(てり)はここから生まれる。

真珠はお手入れが難しい、変色すると思われがちだが、つけた後柔らかい布で汗や皮脂を拭き取るだけでいい。

たとえ、くもってしまったとしても、一番上を剥げば下の結晶がでてきてまた光沢はよみがえる。

研磨剤入りの布で拭けばいいのだ。

 

アンクルビル・パールクリーナーミニ50ml洗浄液 真珠,オパール,ターコイズ等に
 

ちなみに珊瑚も主成分は炭酸カルシウムである。真珠同様使ったら必ず拭こう。

汗と皮脂は放置すると、真珠も珊瑚も珊瑚も光沢鈍化が起きる。(くもる)

珊瑚の白くくもったものも研磨クロスで拭いたらぴかぴかになる。

磨きなおしができる宝石店へ持っていこう(受けないところもある)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です