赤色の宝石・効果・意味

パイロープ・ガーネット効果:見とれるほどの真紅の煌めき 

投稿日:
パイロープガーネット効果

 

ガーネット一族の長老アルマンディンと肩を並べる存在がパイロープ・ガーネット。

この2つが元となり、様々な変種のガーネットが誕生した。

いわば、ガーネットの父母である。
 

polarita 0.30ct パイロープガーネット ダイヤモンドリング K18

 
同じ赤系ガーネットでもアルマンディンの暗赤色とは違いパイロープの赤は真紅。

その燃えるような赤色はしばしルビーと混同され、アリゾナ・ルビー、ケープ・ルビーといった誤称を持つほどだ。

それもそのはず、パイロープの赤はルビーの赤を生み出したクロムに起因する。

 

パイロープ・ガーネット基礎知識と選び方

 

PYROPE GARNET [ガーネット]

紅柘榴石(べにざくろいし)

硬度:7~7.5

産地:アメリカ・アリゾナ、南アフリカ、タンザニア、オーストラリア、
ボヘミア(チェコ)16~19世紀

 
加熱処理を施さずとも美しい色をもつガーネットは、19世紀ヨーロッパで大流行し(ボヘミア地方)
ヴィクトリアン、アールヌーボ期はガーネット全盛期だった。

 

【HANDMADE】パイロープガーネットリング 6.33ct キャンディリング K18

 

パイロープ・ガーネットは小粒だが、色濃く鮮やかな赤で輝きも強い。

ルビーやスピネルの赤よりも深く赤い。

真紅のつよい煌めきは一度見たら目が離せなくなりそうな美しさを放つ。

パイロープガーネットの価値ある魅力は、真紅。

紫を帯びたものより、血色の赤を選びたい。

 

パイロープ・ガーネット効果

 


K18パイロープ・ガーネット
 

その名の起源がギリシャ語「炎」とラテン語「種子」というパイロープ・ガーネットは、持ち主の心に火種を宿す。

「敵は己の中にある」

己の業を焼き尽くし、心が生みだす悪感情を跡形もなく消していく。

その火種はやがて活力となり、過去や未来にくよくよととらわれない現実的な考え方と、深い心身の安定感を与えてくれる。

まるで焼け野原にまいた新たな種が息吹き、不動の大地に根をはる大木となるように。

なにが起ころうとも揺らがない自信がみなぎるだろう。

ルビーも戦いに勝利するという赤特有の性質をもつが、パイロープの勝利は外に向けてのものではない。

吸い込まれそうな深い赤色は「内観」というやり方で、持ち主を勝利へと導いてくれるのだ。
 

Yahooショッピングで見る
Amazonで見る
楽天市場

 
ガーネット関連記事

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA