カラーダイヤモンド

ファンシー・ピンクダイヤモンド:上質は伝統的な儚い桜色 

投稿日:
ピンクダイヤモンド

Pink Sun Rise  29.78ct flawless 

 

ピンクと白の美しいモザイク模様が魅力の、淡い桜色をしたダイヤモンド。

ファンシー・カラーにおいてレアな順の3番目。

レッド、ブルーに次ぐのがピンクであり、人気も高い。

ピンク色の濃淡よりもブラウンみのないものが高価になる。

 

ファンシー・ピンク・ダイヤモンド

FANCY PINK DIAMOND
 


【GIA鑑定書付】8ct Fancy pink diamond VS1 ルース 裸石//

 

ピンクダイヤモンドの有名な産地はオーストラリア・アーガイル鉱山。

1983年に商業生産を開始したこの鉱山は世界のダイヤモンド生産量の40%を占める。

小粒なものが多く、色がパープル・ピンクと特徴的で、アーガイル・ピンクと呼ばれる。

他:インド、ブラジル、タンザニア、ザイール、アンゴラ、南アフリカなど。

大粒のものはほとんどが現在とれたものではなく、還流品だ。

ピンク・ダイヤモンドもブルー同様ファンシー・カラーは価格が高いため、放射線照射や加熱処理といった人工処理石が多く出回っている。

色処理されたダイヤモンドは色が均一にのっているが、天然ナチュラルのピンク・ダイヤは原石に色の偏りがあるため

原石の目減りを抑え、色を濃くみせるファンシー・シェイプにカットされることが多い。
 

 

なぜピンク色のダイヤモンドができるのか

 


ファンシーピンクダイヤモンド プラチナリング ペアーシェイプ エンゲージ マリッジ
 

人の手が加わらない天然ナチュラルの色、ファンシー・ピンクの色起源は、ブラウン・ダイヤ同様、結晶格子の歪みによるもの。

完璧な無色透明のダイヤが生まれるには、純粋炭素の結晶が、結晶成長の過程で異変を起こさず、

また、成長後にいかなる外部圧力も加わらず、といった条件が必要となる。

ピンクカラーは、結晶成長後に何らかの外部圧力や自然の放射線を浴びたりして、結晶状態に欠陥が生じることによって生まれる。

ちなみにブルーダイヤモンドの青色はダイヤモンドタイプⅡbで硼素が起因するが、ピンク・ダイヤモンドはタイプⅠ、タイプⅡ関係なく表れる。
 

 

 

女性が本能的に魅かれるピンク。

ピンクは色彩効果的にみても女性を美しくする色で、色石宝石の中でもピンクは需要が多く人気が高い。

毎日つけても傷つかないピンク・ダイヤモンドはとても魅力的だが、ちょっと大きくなるだけで桁違いになってしまう。

ジュエリーで楽しむなら、ファンシー・カラーにこだわらず、処理石やピンク・ダイヤモンドのような、美しい輝きと色が魅力のピンク・トパーズなどもおすすめである。
 


【新品】ファンシー ピンクダイヤモンド 0.85ct プラチナ リング FANCY PINK-I1-オーバルカット 取り巻きダイヤ5.018ct Pt900

 

ファンシーピンクダイヤモンドを
Yahooショッピングで見る
Amazonで見る
楽天で見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA