ダイヤモンド

ルーペのかっこいい見方-世界のダイヤモンドマスターカッターに倣う

投稿日:
宝石ルーペの使い方

 

宝石好きの人ならルーペを持っている人も少なくない。

ルーペで宝石を見る理由は内包物やキズの確認だったりもあるが、

ルーペでしか見られない世界もある。

 

Nikon 宝石鑑定用ルーペ 10X NEW (日本製)
 

宝石を見る際に使われるルーペは通常は10倍レンズ。

一番見やすい。

さて、ルーペを使ったことのない人がよくやる見方は、おじいちゃんたちが新聞を虫眼鏡で見るかのごとく、遠目に、ルーペを宝石に近づけて見ている。

これでもまぁ見えないことはないけど、ちょっとかっこ悪い。

もちろん大概の人がルーペを使うことなんてないからそれでもかまわないが、

さらりと使いこなせば、おっ、この人は・・・と一目置かれるかもしれない。

さて、かっこいいルーペの見方は世界最高のダイヤモンド研磨師に倣おう。

 

 

ガビ S. トルコフスキー
 

 

自身の傑作品を眺めているところ。

上の画像は545.65ctのファンシーブラウン、下は273.85ctのフローレスダイヤモンド。

ルーペを親指と人差し指で持ち(中指は添える)ルーペをぐっと目(利き目)に近づける。

宝石をルーペに近づけピントを合わせる。

(このときルーペを持つ手と宝石を持つ手の一部を当てると固定しやすい。)

プロはこのポーズを(目にルーペと宝石を一度に近づける)1秒たらずでやってのける。

そしてルーペを見ない片方の目は開ける。

素人はほとんど片目をつぶる。

見やすいように見ればいいのだし、そんなに何時間も見続けるわけでもないから、別にそれでも問題はない。

けど、両目を開けてルーペを見ると、お!この人は・・・ひょっとして・・・

と思われる。

彼女をつれて宝石店へ出向く前に練習しておけば、彼女にかっこいいところを見せられるかもしれない。

ちなみに何故両目を開けるのかというと、片目をつぶっていればそっちのほうの視界は閉ざされてしまう。

宝石店や展示会場では、うん千万の宝石もゴロゴロしており、監視の目が必要なのだ。

宝石盗難防止の意味もある。

そして、宝石のバイヤーなんかは宝石を何時間も見て選別しないといけない。

片目だけ使うと目が疲れてしまうのだ。

 

 

ルーペで見る別世界。

一度覗き込めばその夢の虜になることだろう。

 

LED-UVライト2WAYルーペ(Silver)
 

ルーペを
yahooショッピングで見る
Amazonで見る
楽天で見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA