赤色の宝石・効果・意味

カーネリアン効果:怒りを克服し熱を冷ます石英一族の紅玉髄 

投稿日:
カーネリアン意味効果

 

カーネリアンの歴史

 


【碌山】 SV カーネリアン マルカジット リングシルバー アンティーク風 ジュエリー 母の日 ギフト 碌山 Rokuzan
 

火と共鳴するカーネリアンのエネルギーはパワフルで、持ち主の集中力を強くする。

その暗闇の中で光を保ち続ける富んだエネルギーは、様々な時代でも活用されてきた。

まず、古代エジプトでは、ファラオがカーネリアンのブレスレットやネックレスを身につけていた。

カーネリアンは死後も苦しみから解放された生を与えると考えられ、墓の装飾にも使われている。

中世、「カーネリアンは出血を止め、熱をとる」とレオンハルト・トゥルマイサー(医師・1583年)によって書き記されている。

18世紀、ツェドラー百科事典には「魔力に抗い、あらゆる恐怖を払い、妊婦の腹部につければ、胎児を維持して促す石」

とされ、カーネリアンのブレスレットとネックレスが勧められている。

レンヌの司教マルボドゥスは、「怒りを克服し、血液の悪い体液を浄化し、止血を助ける」と書いている。

 

カーネリアン基礎知識

 


Novicaカーネリアン。925スターリングシルバーリンクブレスレット’ Blood Moon ‘

 

カーネリアン CARNELIAN 紅玉髄 [カルセドニー]

硬度:7

産地:インド(高品質)、オーストラリア、日本、ブラジル、北アフリカ、南アメリカ

 

半透明、帯赤橙色のカルセドニー。
 

 

熱い溶岩の隙間で二酸化珪素が結晶化した火山起源の赤い石。

赤みがかった色は酸化鉄によるものである。
 

現在市場に出まわるものは、ブラジル、ウルグアイ産のアゲートを加熱処理して
いる
 


Carolyn Pollack – スターリングシルバー、黒瑪瑙、カーネリアンドーナツカフブレスレット – Small to Large – カラー接続コレクション
 

カーネリアン意味・効果

 

カーネリアンはかつては強壮剤でもあった。

皮膚を通してエネルギー分子を直接与え、肝臓、胆のう、膵臓に特に有効に作用し、濾過機能を正常に保つ。

こうしてみると、カーネリアンは体に有益な宝石であるが、その能力は身体に限ったことではない。

人からプラスのエネルギーを引き出すカーネリアンは、人の精神、悪意を善意に変革する力を持っている。

また、不活性状態を取り除く「始まりの石」でもある。

この石は、スピリチュアルに目覚めている人には、時に前世体験を巻き戻し、魂の状態を気づかせてくれほどだ。

今の仕事と課題が何であるのかを、気づきによって教えてくれるだろう。

人が最も低い状態でいることに満足してはならないのだということを思い出させてくれるカーネリアン。

巨大石英一族の中でも、価値ある宝石の一つである。
 


Novica multi-gemカーネリアン。925スターリングシルバーダングルイヤリング’ Fascination ‘
 

カーネリアンは熱を冷ます石。

頭に血がのぼりやすい、カッカしやすい人におすすめである。

怒りは猛毒。

怒りは怒りを生み、体の細胞を破壊する。

悪感情はやがて必ず不幸を招く。

憤怒の炎は早々に鎮火せねばならない。

カーネリアンの役どころである。
 


ヴァンクリーフ アルハンブラ ダイヤ リング

 

カーネリアンを
yahooショッピングで見る
Amazonで見る
楽天で見る

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA