宝石と女と人生

宝石は女の親友

真珠のてりを作る「2種類の光沢」と「2つの色」

calendar

 

真珠の「てり」といわれる神秘的な光沢色は、「2種類の光沢」と「2つの色」によって生まれる。
 


オーロラ 花珠真珠 PT900 リング ダイヤモンド 0.10ct 真珠科学研究所
 

真珠の2種類の光沢

 

「内面光沢」

 

真珠は、たんぱく質の薄いシートで包まれた炭酸カルシウムの結晶が、何百層、何千層と積み重なり、核を、幾重にも巻いてできている。

この薄い膜の重なりが「干渉」という光沢を伴う色、光学現象を起こす。

※「干渉」=シャボン玉やタマムシの羽の色。

輝きを伴い色が濃くなるほど輝きも強くなる。

真珠の干渉色はピンクとグリーンの2つ。

その独自の色もあれば、2つの色が共存しているものもある。

 

「表面光沢」

 

真珠の肌質が平らで滑らかだと、光をきれいに反射する。

ぼこぼこしていると光が分散してしまう。

肌質の滑らかなものはてりがよくなる。

 


イソワパール オーロラ・真多麻 アコヤ真珠 ネックレス・イヤリングセット ネックレス:8-8.5mm イヤリング:8.9mm ホワイトシルバーブルー(ナチュラル) シルバー クラスップ K14 ホワイトゴールド (イヤリングorピアス) 57119

 

真珠の2種類の色

 

「たんぱく質シート」

 

真珠層は、炭酸カルシウムの結晶を薄いたんぱく質シートが接着し、何百層、何千層と積み重なってできる。

このたんぱく質のシートは、結晶に比べるとはるかに薄いが、わずかに色を持つ。

この色は元々の貝の持つ色素によるもので地色ともいう。

薄い膜も何千枚と積み重なればその色も濃く出てくるのだ。

 

「下地の色」

 

真珠の核との境界線部分に、真珠層とは異なる層が存在する。

有機質層や稜柱層(りょうちゅうそう)というが、これらの色(黒褐色や褐色)が透けて見えるのが下地色。

真珠層は半透明であるため、この下地色が生まれる。
(ナチュラルブルーなどが下地色の典型)

※有機質層や稜柱層が核全体を覆わずに一部だけだとしみ珠になる
 

真珠は違う種類の光沢や色が共存してできている。

 

故に、神秘的なのである。

 

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




CAPTCHA