宝石と女と人生

宝石は女の親友

花形リング:幅広い年代に人気の定番モチーフ

calendar

 

指輪といえばセンターに一個石だけのリング「ソリテール」が定番だが、

永きに渡り定番といわれるリングは他にもある。
 
花のモチーフジュエリー
K18PG ピンクゴールドダイヤモンド フラワー リング


 

花形リング

 

指輪に限らず、フラワーモチーフのジュエリーは幅広い年代層に人気だ。

花の形を作るには、センターを囲む石を5石以上使うため、華やかさが増す。
 

ファセットカットされた宝石は丁寧に留められたリングの上で、個々が光を集め、輝く。

 

リング 指輪 花型(フラワー) K18WG ホワイトゴールド 天然ブルートパーズ5石・ペリドット・タンザナイト・アイオライト リング/アウトレット/送料無料

 

存在感もあり華やかだが、花形リングは意外と飽きがこない。

だからこのモチーフが消えることはない。

花型リング意味
PT プラチナダイヤ リング

 

花は女性のファッションの中で最も多く使われる代表的なモチーフだ。

服や着物の柄をはじめ、帽子や靴のアクセントや髪飾りや小物にも多く使われる。

少女から老婦人まで、女性なら何か一つは花のモチーフを持っていると思う。

「花の命は短くて、苦しきことのみ多かりき」

この有名な林芙美子の詩のように、女性の美しい容貌は何かと花に譬えられる。

日本最古の和歌集にも、現代の歌の歌詞にも女性を表す「花」が登場する。
 

虞美人草意味
 

手の届かない美しい女性を「高嶺の花」と呼んだり

項羽(中国の昔の王)の寵姫、虞姫が自決した血が花になったといわれる「虞美人草」や

戦地に赴き死んでしまった恋人を偲んで流した涙が花になった「セニョリータ・ロザリータ」など

世界中にある花の伝説も女性が基となっている。

 
花モチーフ意味
 

昔も今も老いも若きも、女性は「花」なのだ。

女性とは切り離せない存在。

妖精が宿る花。
 

花モチーフ意味
K18WGアメシスト/ダイヤ リング


 

最近ではおっさん女子(オヤジギャル)という、若い女性がオジさん化する現象が起こるらしいが、

いくつになっても、どんなときでも女性であることを忘れない、
 

「我は女である」

 
そんな心意気を与えてくれるのが花形リングではなかろうか。
 
未来永劫愛され続けるモチーフなのである。
 


「スプリング フラワー」トップカラーモルガナイトリングアクアマリンリングペリドットリング【送料無料】

 

花形リングを
Yahooショッピングで見る
Amazonで見る
楽天で見る