映画・ドラマに見る粋な装いと物語を彩る宝石

十字架のネックレスに込められたロシュフォールの想い:マスケティアーズ

投稿日:
マスケティアーズ十字架

 

アラミス元いロシュフォールの十字架のネックレス。

これは物語後半を大きく盛り上げるキーアイテムとなった。

 

ロシュフォールはセンスが良い。

なんて美しい細工だろうか。

黒い十字架にはカボッションカットされたガーネット

ゴールドの百合の紋章は円形に配置され太陽を模し、円周に埋め込まれたシードパールがより華やかさを増している。

ガーネットとシードパールは相性が良い。

アンティークモチーフの中でも人気の組み合わせだ。

 


(自分は地味なロザリオをつけている)

 

王妃のために作られた願いの込められた十字架。

ガーネットは十字軍の兵士たちもつけていたお守りの石だ。

変わらぬ愛や忍耐強さを与える宝石。

そして太陽と百合の紋章。

百合はフランスを指し、太陽は不滅の象徴となる。

全てを照らし、その温もりで命を育み、活かす絶対的存在。

 

 

聖なる光を放つ百合の紋。

ロシュフォールを照らす光。

それは王妃なのだ。

 

さて、ロシュフォールを狂気へと走らせた元凶。

色男アラミスと十字架のネックレス。

 

 
王妃からの賜り物は今や恋人の証だ。

「つけてるのね」

「いつもです」

負傷しながらも囚われた王妃を颯爽と救い出すアラミス。


 

王太子の世話係マルグリットが後に証言したように、その様子はまさに恋人同士。

だがアラミスの首にかかるその十字架は、ロシュフォールが王妃へ贈った愛の証。

 

 

悪役ロシュフォール。

この人はスペインのスパイとして王妃を利用し、国を奪うことを目的としているのだと思っていた。

だがそうではないことは、この十字架と死に間際の台詞が表わしていた。

 

「肌身離さずつけるといったのに」

 

 

アラミスの胸元に見つけてしまった愛の十字架。

王妃の不義。

それは国王へのものではなく、ロシュフォールへの裏切り。

疑心が確信となり愛は狂気へと変わる。

スペインでの獄中5年と日々の拷問を、王妃への想いを以って耐え、パリに戻っては宰相にまで伸し上がり、国と王妃を手に入れようとした男。

「俺への気持ちは変わっていない」

「いつか俺のものになる」

「俺の女だ」

幼すぎる独り善がりで勝手な思い込み。

でもそれはロシュフォールの信念だった。

ロシュフォールを破滅へと追い込んだのは嫉妬が生んだ憎悪。

強い思いは形を変え悪感情へと傾き、増大する。

憎しみを生きるエネルギーに変えてしまった男の哀しき末路。

 

 

「スペインのためにやったんじゃない」

死の間際、愛の返礼として潰された左目を見開き、愛する人を見上げるロシュフォール。

「孤独だ」

最後まで欲していたものは、信じてきた愛。

狂気の男、ロシュフォールが哀しく映るのはこれだろう。

一人の女に一途なのは見事だが、それが執着に変わってしまうとその身を滅ぼすことになる。

執着は利己愛だ。

ロシュフォールが愛されるはずはない。

 

 

物語のキーアイテムとなったアラミス元いロシュフォールの十字架のネックレス。

今もアラミスの胸元に。

美しいだけに、切ない。

 

 

そして・・・。

パールのシャンデリアタイプのピアスとロングパールが素敵な王妃。

 

罪な人。

ジュエリーのモチーフには意味がある。

男の想いを、込められた意味を侮ってはいけない。