真珠の似合う女性たち

グレイス・ケリー:気品の公妃とパールネックレス

投稿日:
グレイスケリー,パール

 

「グレイス・ケリー」

パールの代名詞といってもいいだろう。

実際パールといえばこの人の名前がよく上がる。

 
 

銀幕時代、有名な映画監督ヒッチコックをして「特等席に座るのが似つかわしい女性」と言わしめたハリウッドの女王。

彼の映画の中でも、グレイスのエレガントなパールネックレスの装いを見ることができる。

チョーカー(35cmほどの短い長さ)タイプ。

首にぴったりと巻かれたパールは当時若く美しい彼女の容貌にとてもよく似合っていた。

 

裏窓 (字幕版)
 

ハリウッドのゴージャス、セクシーな美女たちの中で、クラシカルな美しさを放つ、優雅で気品を持つ彼女に、最も似合う宝石は真珠だろう。

スキャンダルもなく、家柄と育ちも良かった彼女が、

「あの宮殿は私一人には広すぎるんだ」とレーニエ公に求婚され、モナコ公妃となった背景には、パールの存在もあったに違いない。

真珠は彼女の気品を際だたせる。

1956年、成功と名声の頂点、女優として最高潮の時代に、まるでおとぎ話のように、ハリウッドの女王から本物の女王になったグレイスケリー。

公妃となる彼女に大公が贈ったジュエリーも、3連の真珠だった。

 
グレイスケリーパールネックレス
 

「私は、小さな、名もない花に埋まって眠りたい」

1982年、別荘からモナコへの帰途、自動車事故であっけなくその人生に幕を閉じたグレイス。

 

だが、今なお、その美しさは色褪せてはいない。

自身が愛した真珠のように。

 


グレースケリー ポスター フレーム付

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA