宝石と女と人生

宝石は女の親友

黄色の宝石効果:幸福と希望-恐れや疑心のない無邪気な心

calendar

 
黄色といえば、無邪気とか元気とか、幼いイメージを思い浮かべはしないだろうか。

だが、実は黄色は知的能力に関係する色でもある。
 

黄色の宝石効果

 


イエロー サファイヤ リング/指輪 プラチナ PT900 山吹色の美しい彩 /黄(イエロー)/セレクトジュエリー・新品/届10/ラックジュエル
luckjewel/

 

知的能力の活性

 

黄色は人の聴覚を敏感にする色である。

この色の宝石を身に着けると、周りの情報を上手くキャッチできるようになってくる。

脳に刺激が与えられ、言葉や文章、絵などの表現力やコミュニケーション能力がアップするのだ。

遊びの色のように見える黄色は、実はビジネスセンスをよくする力を持っているのである。

 

黄色を好む人はきちんとまとまった考えを持っている。 自分の知的能力に強く印象づけられる。 黄色を嫌うということは、新しいもの、革新的なものを嫌うことである。 楽しいこと、想像的なこと、神秘的なことを嫌うことだ。 フェーバー・ビレン(色彩学の権威)

 

素直な心を取り戻す

 

とはいえ、アメリカの研究によると、黄色は幼少期初期に興味を持たれる色であるとされている。

黄色という派手な色は、自己主張、世界が自分を中心に回ることを望む子供心を代弁しているのだ。

よって、大人になってから、自己に規制をかけている人、我慢している人など、屈折して硬くなった大人の心を持つ人は、黄色の宝石をつけることにより、無邪気に幸せを求められるようになってくる。

黄色の宝石が、素直な心を取り戻してくれるのである。

 

黄色の宝石が、金運によいとされる理由

 

【スーパーセール限定30%OFF 398000円⇒278600円に!】イエローダイヤモンド 0.143ct FANCY VIVID YELLOW SI1 明瞭なイエロー PT/K18リング AGTソーティング 1点もの/Ycollectionワイコレクション/送料無料

 

その理由も黄色の効果によるところが大きい。

まず、黄色は幸福感をもたらすホルモンであるエンドルフィンの分泌を促す色である。

また、古今東西、生命力の源ともいえる太陽の暖かな色も黄色で表現される。

人々のDNAには、黄色に対し、黄金の色、穀物の実りの色、光の輝き、暖かさといったイメージが組み込まれている。

故に、人は黄色に普遍性やエネルギーを感じとり、喜びや幸福や希望といったポジティブなイメージを抱くのだ

金運も成功も、ポジティブな正の気に引き寄せられるものであるからして、黄色=金運は当然のことと言えるだろう。

 

オーラカラーと好きな色

 

オーラの放つ色と好きな色は密接に関係している。

例えば、自分がずっと好きな色があるなら、その色は実は自分のオーラカラーである場合が多い。

そして、その色のオーラ(防護膜)を必要としている時も、その色の宝石を好む傾向がある。

 

 

オーラカラーがイエローの人

 

明るく快活、そして頭の良い人である。

人に分け隔てなく接するため、人に嫌われることもない。

本人は、アーティストや作家、デザイナーなど、クリエイティブ思考であるため一人でいることを好むのだが、無邪気な性質故に、人が寄ってくる。

イエローが急に気になりだしたとか、好きになったなら、こういった能力を高めようとしている場合が多い。

 


「コローナ」シトリンペンダントトップ(チェーン無し)送料無料
 

第3チャクラ

 

チャクラとは、人体のエネルギーの出入り口である。

全部で7つの入り口があり、一つのチャクラから特定の色のついたエネルギーが、出入りしているのである。

そして黄色は、第3チャクラ、胃のあたりにあるチャクラの色であり、第二の脳ともいわれる太陽神経叢に作用する。

心や体にたまった余分なエネルギーを排出し、感情をコントロールするのである。

 

宝石の色彩効果

 


【29〜1迄・3日間超特価】ヘリオドール 宝石 ルース 23.23CT

 

色の開運効果でいえば、最上は宝石の色である。

なぜなら宝石は、精神的領域に入り込むことに関して、群を抜いている。

人の自律神経、内分泌腺に影響する色彩の効果を増幅させるのである。

 

 

また宝石は各々に得意な精神改革分野ともいうべきエネルギーを放っている。

例えば、黄色の水晶シトリンは、悪心を取り除き、邪気のない明るさを持ち主にもたらし、黄色のベリルは、しみったれた感情を消し去り、富裕意識を植え付ける。

 

さぁ、あなたは黄色に対してどのようなイメージを持っているだろう。

日本人は幸せの色といえばピンクという人が多いようだ。

だが黄色は、世界各国どの国でも太陽の色であり、幸福や希望の色とされている。

アメリカにおいては、戦争からの無事の帰還を祈る幸福のリボンが黄色である。

 
素直に幸せになりたいと言えない人は、黄色の宝石に助けを求めよう。

恐れや疑心のない、無邪気に幸福を願う心に、幸福はやってくるものだから。

 

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




CAPTCHA