ネックレスの種類 

ダイヤモンドラインネックレス:1列に並んだアーチの輝き

投稿日:
ダイヤモンドラインネックレス

 
ダイヤモンドラインネックレスが今、人気を高めている。

デコルテに添うように、一列に並んだダイヤモンド。

これは、ティファニーのスマイルネックレスの登場から、尾を引き、

業界でもそれに似た横並びのダイヤモンドネックレスをスマイルと呼んだりする。
 


ティファニー TIFFANY&CO. 34684448 Tiffany T スマイル ダイアモンド ペンダント ミニ 0.01ct 18KWG ネックレス 新品 ゴールド ダイヤ k18 レディース 新作 ダイヤモンド 武井 プレゼント クリスマス
 

そして、テレビドラマでもニュース番組でもバラエティでも、人気の女優やアナウンサーに提供されたダイヤモンドラインネックレスは、

多くの人々に素敵なネックレスと認知され、「今大人気」となっている。

ジュエリーの宣伝効果の結果である。

マスメディアに登場する美しい著名人の胸元は、最高の宣伝の舞台、最大のショーケースなのだ。

そしてそのジュエリーのイメージを最高に引き上げるものに金はかからない。

提供するだけだから。

そして提供した何倍もの受注が入るのである。

世界中から注目を浴びるハリウッドなんかは、アカデミー賞授賞式一つとっても桁違いのダイヤモンドが貸し出される。

だいぶ前の話になるが、1998年の司会だったウーピー・ゴールドバーグは、4100万ドル相当のダイヤモンド(ハリー・ウィンストン)を身に纏っていた。

と、いやらしい話はここまでにするとして、

 
今人気のダイヤモンドラインネックレスも、スイート10ダイヤモンドクロス3ストーン同様に、そのうち定番化するだろう。

シンプルで使いやすいデザインは、何十年経とうとも愛されるものである。

 

ダイヤモンドラインネックレスの魅力

 
ダイヤモンドラインネックレス
Pt900 プラチナダイヤモンドネックレス catenary

 

ドレッシー

 

女性の魅力、美しいデコルテに添って輝くダイヤモンドの煌めきは、その並びが大きいほどに魅力が増す。

最近印象的だったのは、有働由美子アナウンサーが、復帰後初めて登場したニュース番組で、紫のシックなワンピースにダイヤモンドラインネックレスを合わせていた。

ワンピースの襟ぐりのラインに添うように輝く10粒以上は並んだダイヤモンド。

中央にいくほどダイヤが大きくなるグラデーションが、エレガントさを増していた。

ワンピースの地味な色がダイヤモンドの輝きを引き立てるのか、はたまたダイヤモンドの煌めきが紫の高貴な魅力を際立たせたのか、

いずれにせよ、この復帰した女性を、全く色褪せることなく、以前にも増して格上の女性に見せたことに違いはない。

 

K18YG 0.3ct ダイヤモンド ライン ネックレス可愛い グラデーション ダイヤ ネックレス 人気 おしゃれ ギフト プレゼント 贈り物 記念 ゴールド ペンダント

 

お若いお嬢さんなら石の数が少ない小ぶりのタイプがさりげなくて素敵だろう。

ちょっと前のドラマ「ごめん、愛してる」で、若手女優吉岡里帆もつけていた。

 
ラインネックレスは、そのカーブの具合や石の大きさ・数、カットシェイプ、台座の爪のデザインによってもイメージが変わる。

自分に似合うラインを見つけたい。

 

また、ラインネックレスも重ね使いしやすいネックレスである。

1本でさりげなく、重ね使いで華やかに演出できる。

 

ラインネックレス
K18ダイヤモンドネックレス star line

 

ただし、この手のタイプ、トップの両サイドにチェーンが連結されたタイプは、動き回る女性には不向きだろう。

なぜなら、トップの位置がずれやすいのである。

 

 

とはいえ、小さくとも華やかに、デコルテに自然と馴染むダイヤモンドの輝きはとても魅力的だ。

今、人気の高いネックレスである。

 

ダイヤモンドラインネックレスを
yafooショッピングで見る
Amazonで見る
楽天で見る

ダイヤモンドラインネックレス:1列に並んだアーチの輝き” への3件のフィードバック

  1. パン粉 より:

    はじめまして。
    ラインのネックレスが気になっているところにこちらの記事拝見しました。
    今ティファニーのジャズ、イーストウェストという覆輪止めと爪止めというデザイン違いでラインのネックレスの購入を迷っております。粒の並びも5粒と7粒と異なります。クロモミ屋さんでしたら、どちらを上品ととり、どちらが長く愛用できると捉えますか?ご意見お聞かせ頂けたら幸いです。

    1. クロモミ屋 より:

      パン粉様、まいまい様
       

      記事を読んでいただきありがとうございます。
      せっかくコメントまでいただきましたのに、気づいておらず、お返事が遅くなってしまったことお詫びいたします。

       

      さっそくですが、長く愛用できるという目線で見れば、どちらも大差はないように思います。

      印象としては、ティファニーのジャズはふせこみのデザインが爪止めに対し、どちらかというとスポーティーになるかとおもいます。

      なので、カジュアルなファッションなど普段使いもしやすいかと。

      ティファニーっぽさもでているのではないでしょうか。

      ふせ込みよりも爪止めのほうが輝きが美しいですが、ティファニーですので、カットグレードもVGなど良いものかと思います。

      となれば、輝きも美しく、存在感も十分ではないでしょうか。

       

      また、イーストウェストの爪止めタイプは、より女性らしい柔らかさがでるのではないでしょうか。

      上品、華やかさといった面では、イーストウェストに軍配があがりそうですね。

       

      ジュエリーは高いものですから、悩まれるのは当然ですよね。
       

      私は、ジュエリーを選ぶにあたり、一番重要なのは、「好き」だと思うんですね。

      存分に悩まれることはいいと思います。

      が、迷い始めると何が良いのか、分からなくなってしまうかとも思います。

      そんな時は、パン粉さんの「好き」が一番の指針となるのではないでしょうか。

       

      ちなみに、私の好みは、イーストウェストです。

      ダイヤモンドはふせ込みより、爪止めが美しいと思います。

      とはいえ、これもその人その人の感性です。
       

      パン粉さんがどちらを付けた時に、わくわくするか。
      どちらにときめくか。
      どちらに良いイメージが湧いてくるか。

      これが一番重要だと思います。

      そうして選んだジュエリーこそが、ご自分を美しく引き立ててくれるのだと、私は思います。

      「好き」というご自身の感性を信じてください。

      他の誰でもない、自分の「好き」には間違いがありません。

       

      お返事が遅くなってしまい申し訳ありませんでした。

      パン粉様・まいまい様の親友となるネックレスが見つかりますように、お祈りしております。

      ありがとうございました。

      コメント、とても嬉しかったです。

      感謝いたします。

  2. まいまい より:

    はじめまして。こちらの記事気になりコメントさせて頂きました。
    当方今ラインネックレスで迷っていまして、少しアドバイス頂けたら幸いです。
    気になっているのはティファニーのジャズシリーズと、イーストウエストと言う物です。
    違いは、覆輪止めか、爪止めかの違いと粒の数が5粒か7粒かの違いでいずれも真ん中に向けて大きくなっていくデザインです。これら長く愛用していくにはどちらがいいと考えられますか?クロモミ屋さんのご意見是非お聞かせ頂けたら幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です