宝石と女と人生

宝石は女の親友

ファンシー・ブルー・ダイヤモンドが希少な理由とファンシー・カラー注意点

calendar

 

ダイヤモンドといえば無色透明だが、淡い色をしたダイヤモンドも存在する。
 

ファンシーカラーダイヤモンド

 

人工的に色をつくるトリーテッドダイヤではない天然の色。

超レアなレッド、ブルー、ピンク、グリーン、オレンジ、イエロー
無色のダイヤよりも高い評価を受ける。

 

ブルー・ダイヤモンド

 

 BLUE DAIAMOND [ダイヤモンド]  


【返品可能】天然無処理 ファンシー ブルー ダイヤモンド 0.433ct SI1 エメラルドカット 中央宝石鑑定書【新品】

 

特にブルーは、レッドに次ぐレアなカラーダイヤモンドである。

最高の評価は淡くグレイ味の少ない透明なブルー。

ブルーが濃くなるとグレイみが強くなる。

かつてインド、ブラジル、南アフリカで産出されたが、今では産出されない。

現在はほとんどが、オークションなどの還流品である。

 

ブルー・ダイヤモンドが希少な理由

 

ダイヤモンドは窒素を含むタイプⅠと窒素を含まないタイプⅡに分けられ、ほとんどのダイヤモンドの98%がⅠ型で、Ⅱ型は2%ほどである。

ブルー・ダイヤモンドは出現率の少ないⅡ型。

さらにタイプⅡは不純元素を含まないaと、不純元素(硼素)を含むbに分けられ、タイプⅡのほとんどがⅡa

Ⅱbの出現は稀である。

 

ブルーダイヤモンドはⅡbタイプ。

 

ブルーの色起源となる硼素(ホウソ)ボロンを含有している。

ブルーダイヤモンドがファンシー・カラーダイヤモンドの中でも超レアであることが分かる。
 

ブルーダイヤモンド ルース 0.165ct FANCY VIVID GREEN BLUE SI2

 

現在、産出はほとんどない。

最初、ブルー・ダイヤモンドの産地はインドだった。

ワシントンD.Cのスミソニアン博物館にあるホープダイヤや、

マリー・アントワネットがオーストリアから持参したハートシェイプもインド産だと考えられている。

 

 

その後、ブラジルで1725年から産出された。

現在のわずかな産出は、南アフリカ・プレミア鉱山。

 

FANCY表記に注意

 
今日、市場に出回るブルーダイヤモンドはそのほとんどが、放射線照射処理、高温高圧プロセス(HPHT)されている。

本来、天然のナチュラルの色(人工処理されていない)だけにFANCY(ファンシー)の等級がつくのだが、

現在は、処理石もFANCYカラーの枠内(明度や透明度が規定以上)に入れば、FANCYと名乗ることが認められている。

FANCYの5文字が表記されていても、正真正銘天然の色でないこともあるのだ。

 

ダイヤモンド【 輝き厳選保証 】PTアイスブルーダイヤモンドピアス 0.10ct 【カラーダイヤ/カラーダイヤモンド/ブルーダイヤ/プラチナ】
 

だから、ジュエリーピースなら処理石で楽しむのが賢明だといえる。

 

ファンシーブルーダイヤモンドを
Yahooショッピングで見る
Amazonで見る
楽天で見る