宝石と女と人生

宝石は女の親友

マーガレット・サッチャー:鉄の女が愛した真珠

calendar

 

「マーガレット・サッチャー」

英国初の女性首相であり、 「鉄の女」の愛称を持つ彼女が
 
以外にも愛した宝石は、真珠だった。

 

フォークランド奪還時の強硬な姿勢

「敗北の意味など知らないわ」といった強気な発言は、益々鉄で覆われた彼女のイメージを作り出す。

 


イギリス首相・マーガレット・サッチャー ポートレート アートプリントポスター
 

だがそんな彼女の胸元は、いつもパールで飾られていた。

決して派手ではない白のパールネックレスや色味を合わせた大珠のイヤリングが印象的だ。

国のトップとして、男性官僚を率いる戦場の中に身を置きながら、レディを失わずにいた人。

 


パール イヤリング(4056) マベ真珠 15.0mm 18金 入学式 卒業式 結婚式 パーティー フォーマル 母の日 プレゼント 送料無料 あす楽

 

「金属のような目をしていた」
 

グレイッシュな冷たい瞳をそう表現したのは、ベルギー国王よりナイトの称号を授与された、世界的有名なダイヤモンド研磨師。

ガビS・トルコフスキーである。

 

 

237.85カラットの世界最大の最高品質、

デビアス100周年の意味を持つ「センテナリー」という名のダイヤモンドのカットを、デビアスより依頼され、その偉業を成し遂げた人。

 


273ct DカラーFL 世界最大の最高品質ダイヤモンド

 
彼は、その触れることをためらうほどのダイヤモンドを研磨する前に、40個近くのプラスチック製の試作品を作っている。

そしてデビアスは、その模型をある女性に見せたのだ。

サッチャーである。

ビロードの布の上に置かれた、プラスチック製のダイヤモンド。

ペアシェイプ、マーキス、ハートシェイプ、オーバル、そして、

「私ならこれにするわ」

と彼女が選んだその模型は、今までどのカット師も試みたことのないシェイプ。

研磨師の魂が後に生み出すこととなる、247というとてつもないファセットをもつ歴史的ダイヤモンドの原型だったのである。

ちなみに、ダイヤモンドの理想的カット、ラウンドブリリアントカット58面体を考案した人は、このガビトルコフスキーの大叔父さんである。

 

真珠科学研究所 花珠 鑑別書付 オーロラ花珠 真珠 [Sクラス] あこや 本真珠 ネックレス (7.5-8mm) ペア (7.5-8mm)付 セット ピンク系 x SVイヤリング

 

知的でクール。毅然とした姿勢。

戦わなかった日など一度もなかった、というマーガレット・サッチャー。

このハンサムな女性に安らぎを与えたのは、優しさと慈愛と母性の象徴でもある真珠、だったのかもしれない。

 


サッチャー回顧録―ダウニング街の日々〈上〉
 

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




CAPTCHA