誕生石言い伝え 宝石言葉に秘められた意味

アメシスト:2月誕生石-争いは無用の産物-高貴な色の愛の石 

投稿日:
誕生石アメシスト伝説,意味効果

 

2月の誕生石:アメシスト

 

旧約聖書にも登場するアメシスト。

神の叡智を伝える大祭司の装束に飾られた12の宝石の一つであり、エルサレム城壁の土台を飾る石の一つである。
 


10 Kローズゴールドオーバルアメジストとダイヤモンドヘイローリング
 

アメシストの伝説

 

ギリシャ神話の酒神バッカスと妖精アメシスト

 

 

月の女神ディアナにふられたバッカスは、腹いせに、偶然通りかかった妖精アメシストをピューマに襲わせる。

 

ピューマがアメシストを引き裂こうとした瞬間、悲鳴を聞いたディアナは、この不運な妖精を石に変えた。

それを聞いたバッカスは、己の罪を反省し、愛するぶどう酒をその石に注いだのだ。

するとその石は紫色に染まり、美しいアメシストとなったという。

 

 

酒神バッカスの伝説から、アメシストをもつと酒に酔わないといわれている。

ラテン語のAmethystus「酒」が由来だとも。

ワイン色のバッカス・ストーンは酒のみならず、人生の悪酔いからも救ってくれるだろう。
 


4.14 CTクッションパープルアメジスト10 Kホワイトゴールドイヤリング
 

アメシストの宝石言葉

 

「誠実・心の平和」

 

日本では昔から、紫色=高貴な色とされていた。

チベットの僧は瞑想状態に入るとき、アメシストのロザリオをつけ、キリスト教の司教も精神を明晰にするアメシストの指輪はめた。

持ち主の臆病な心を消し去り、神への信頼(安心)を与えるアメシスト。

この石を好む人には年配者が多い。

人は年を取るとまるくなる。

そうでない人もいるが、大抵はそうだ。

体の衰えとは反対のベクトルで精神は成熟する。

成熟した精神は人に対しても寛容になる。

許し、受け入れる度量の大きさは、争いを不要のものとする。

争いのない人の心は平和だ。

アメシストの紫色は高貴な色。

身分制度のない現代において高貴な人とは誠実な人のことを指す。

人として正しく生き、真心を持って人に接することのできる人のことだ。

誠実な心、争いのない平和な心が愛を呼ばないはずはない。

 

ホワイトゴールド (K18WG) アメシスト ネックレス(2.55ct/アメジスト/ダイヤ/ピンクトルマリン
 

アメシストの身体にあたえる効果

 

宝石言葉が指し示すように、アメシストは愛の石である。

愛の波動が常に放たれている。

アメシストは苦しみを歓喜に変質させ、調和を生み出す。

その調和は個人に対してだけではなく地球全体に広がる波動。

故に、この宝石に惹かれる人は気高い性質を持っている。

アメシストをつけると、霊的な洞察力と良識を統合させられるようになるため、良いことばかり起こってくるように感じるだろう。

アメジストは浄化作用の強い水晶一族。中でも生命と活力の赤を融合させている。

不浄なものを取り入れず、ネガティブなものを遮断し、理想の未来を実現させる方法を見つけ実行するよう促してくれるのだ。

自然療法家ヒルデガルド療法では、アメジストは顔のシミを消すのに効果的とされている。

唾液で湿らしたアメジストでシミを1日数回こするといいそうだ。

(皮膚からの解毒、美肌、シミ、腫れ、血腫、免疫力低下)

 

ネックレス ペンダント グリーンガーネット 1月誕生石 アメジスト 2月誕生石 ダイヤモンド K10PG(10金ピンクゴールド) 誕生日 yk-15-am 謝恩会(en)
 

アメシスト基礎知識と選び方

 

 AMETHYST 紫水晶 [クォーツ]

宝石言葉=誠実・心の平和

産地=ブラジル、ザンビア、ウルグアイ

硬度7

 ウィークポイント:強い衝撃・紫外線
(通常身につけていて心配はないが強い衝撃を加えると欠けたり、亀裂が入ったりすることがある)  

 

世界中いたるところに存在する水晶。

無色透明の水晶が、地中の鉄分と自然放射線の影響を受けて、紫色に染ったものがアメシストである。

故に、アメシストは、他の色石のように放射線照射や加熱処理といった人工処理の必要がない。

硬度も標準である。

ちなみに宝石の標準硬度は7。

自然界に水晶(石英)が多いため、水晶の硬度が標準とされる。

キズや摩耗の面から見て、宝石は硬度7以上が好ましいとされる。
 


>アメジスト クラスター|Amethyst アメシスト 紫水晶 アメジスト アメジストドーム Cluster 置物 stone クラスター 置き物 原石 石 鉱物| メンズ レディース 限定 一点物 パワーストーン アメジスト

 

アメシストは、漂砂鉱床(どこか別の場所にあった原岩が風化浸食され、河川で運ばれ、適当な場所に堆積した鉱床)、
あるいは晶洞(ジオード:堆積岩、火成岩玄武岩の中にできた空洞)の中に産する。
 

漂砂鉱床関連記事

 

アメシストは、水晶の中でも他にない、特徴的な虎の縞や指紋、羽毛によく似た羽状インクルージョン(内包物)がある。

これは平行線状の液体含有物によるものだ。
 

 

鉱山の多いブラジル産が豊富だが、ザンビア産アメジストも色が濃く美しいものが多い。

グレーやブラウンがかっていない深い紫色で、透明度が高く、色むらやキズのないものを選びたい。

 

アメジストのクリーニング方法

 

布で軽くから拭き。
超音波洗浄ok

 

アメシストを
Yahooショッピングで見る
Amazonで見る
楽天で見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です