宝石と女と人生

宝石は女の親友

ブラッドストーン効果:地味な外観の裏に隠された光の力  

calendar

 

濃緑色のボディーカラーに赤色の斑点模様を描く暗くて地味な石。

血を思わせる赤色は鉄に起因する。

つけられた名は血玉石。

 

ブラッドストーン基礎知識と選び方

 

 

その印象は決して明るいものではない。

まるで敢えて真実を封印するがごとき体と名だ。
 

ブラッドストーン BLOODSTONE「カルセドニー」

硬度:7

産地:インド、ブラジル、中国、オーストラリア、アメリカ

 

ブラッドストーンは石英系、カルセドニー・玉随類に属する。

ドイツではヘマタイト(赤鉄鉱)をブラッドストーンと呼ぶため、この石はブルーストーンと呼ばれている。

色の配色を活かした彫刻のカメオや、球状にして孔を開け、ビーズにしてブレスレットに使われる。

濃い緑と赤色斑点のコントラストの美しいものを選びたい。

 

ブラッドストーン効果

 

 

中世時代、ブラッドストーンの赤い斑点模様は、イエス・キリストの血であり、特別な力が備わっているとされた。

この有名な伝承が真実である。

当時の人たちはこの石の強力な力を知っていたのだ。

ガラス光沢の滑らかなその石は、代表的な肉体の治療者である。

何故なら、ブラッドストーンの放つエネルギーは再生力。

伝導しやすい性質は人体に直接その波動を放射する。

血中の鉄分のバランスをとり、欠乏状態を取り除き、脳の組織を活発化させ、酸素の循環を保たせる。

更にその働きは、精神にまで及び、バランスのとれた精神と感情という平和をあたえてくれるのだ。

血液は生命の根幹である。

血が肉を作り体を作り精神を作る。

エネルギー活動が滞りなく行われるのも血の働きがあるからだ。

若さも健康も美しさも血が鍵を握っている。

 

 

別名:ヘリオ・トロープ

 
ブラッドストーンは、その地味な外観からは想像もつかない別名を持っている。

「ヘリオ・トロープ」

ヘリオ=太陽、 トロープ=方向

かつて、その宝石は日食の闇を消すといわれていた。

宝石言葉は、堅固、勇気、救いの力。

ブラッドストーンは、その救いの力を以って、持ち主に堅固な体を与え、日の差す方、正しい道を指し示す。

この石に惹かれ、持つ人は進む勇気を授かり進むだろう。

何故なら、

もう、闇はどこにもないのだから。
 

 

人が持つ満たされない要求や欲望は、実は前世での体験や、親からの批判、密かな恐れなどに反応している。

満月の夜にブラッドストーンを握りしめ、15分ほど瞑想すればそれを明らかにできる。

 

 
ブラッドストーンを
yahooショッピングで見る
Amazonで見る
楽天で見る