宝石のカット種類

ローズカットが魅せる中世の輝きとダイヤモンドカットの歴史

投稿日:
ダイヤモンドローズカット

 

ダイヤモンドは元々、その硬さ故に研磨できず、女性の装飾品としては使われていなかった。

原石や原石の面を研磨して王冠や刀の鞘に埋め込まれたのだ。

ダイヤモンドは男性の宝石だった。
 


 

最初、ダイヤモンドはインドで発見された。

その後、ペルシャのインド侵略によってヨーロッパに伝わったとされる。

ヨーロッパでダイヤモンドをカットするための粉、ダイヤモンドパウダーが使われ始めたのは、15世紀に入ってからのことだ。

それによりファセットのついたローズカットダイヤモンドが生み出された。

 


K18 ミル打ちデザイン ローズカット ダイヤモンド ピアス
 

王族の女性たちがつけたダイヤモンドは、無骨なダイヤモンドではなく、薔薇の蕾のダイヤモンド。

だからアンティークジュエリーには、ローズカットのダイヤモンドが使われている。

 

ダイヤモンドカットの歴史

 

最初のダイヤモンドのカットはテーブル・カット。

ダイヤモンドの結晶の中で一番柔らかい方向を研磨したスタイル。

 

 

その後、2番目に柔らかい方向を研磨したスタイルのロゼンジ・カット。

 

そして1520年にファセットを増やしたローズカットが発明された。
 


5.5mmローズカットダイヤモンド アンティークデザイン ダイヤモンド リング送料無料

 

ローズカットは薄い石(原石)の目減りを少なく輝かせるカットだが、後の17世紀に発明されたブリリアントカットに比べると輝きは劣る。

現在ダイヤモンドカットの技術は進化し続け、最高の輝きを放つまでになった。

そのブリリアント・カットによって煌めくダイヤモンドが、宝石界のトップに君臨する現代において、ローズカットのダイヤモンドは影が薄い。

曇って見える。

ダイヤモンドは、その輝きこそが魅力。

だからあえて魅力の半減するローズカットを選ぶことは少ないだろう。

だがこれこそが、中世ヨーロッパの王侯貴族たちが見ていた煌めきなのだ。

 

 

ローズカットの魅力

 

蝋燭の光を受けて、柔らかな輝きを放つ透明の宝石。

アンティーク好きな人の目には、とても魅力的に映るだろう。

そしてダイヤモンドも良いが、このカットと相性が良いのが色石なのである。

 


K10PG 5mmローズカットロードライトガーネット 繊細リング

 

19世紀後半に流行したボヘミア産のパイロープガーネットにも多用された。

現代でも、ローズカットはダイヤモンド以外の色石、ピンクのローズクォーツやブルーや白のトパーズなどにも施され、愛らしさが増しなんともロマンチックだ。

懐古的なその姿は、現代の洗練されたジュエリーの中で、凛然とその美を主張する。

ローズカットの中世の輝きは、あなたを貴婦人な気分にさせてくれるだろう。

 


“女王の風格”ダイヤモンドリング送料無料

 

ローズカットを
Yahooショッピングで見る
Amazonで見る
楽天で見る